割引ポイント還元機能のアイデア: Webflow + Memberstack

2020-11-14
lowコード
Web
API
会員管理
システム連携
決済

この記事は、WebflowのECサイトMemberstackを使ったメンバーポイントシステムを実装するアイデアをテーマにします。


なぜ?

この記事を書いたきっかけは、MemberstackのSlackコミュニティで見た質問でした。ある方は、メンバー向けにポイントを発行して、WebflowのECサイトで割引券に使える機能を実装できるか、と聞きました。

それをきっかけにして、このシステムを実装できる方法を考えてきました。


できること

もちろん、ポイントを発行して、それぞれのメンバーのポイント残高情報をMemberstackに保存できます。そのためにフロントエンドAPIを使えると思います。

実際にポイント残高の情報を一般のMemberstakデータ項目やJSONオブジェクトとして保存できると思いますが、どちらにするかはまた見てみます。


できないこと

WebflowのEC機能を使うと、割引を提供する唯一の方法は割引クーポン機能を使うことです。ただ、ECのAPIはまだまだ使える機能が少ないため、ダイナミックにあるメンバーのポイント残高に応じて割引券を自動的に発行し、適用することができません。

それは現在Webflowで実装できない機能です。


ただ、他のやり方があります。


考えてきたやり方

事前にクーポンを何個用意して、ポイント残高によってそれぞれのクーポンを自動的に適用する方法があると思います。

決済ページにクーポン入力の欄を作って、インプットフィールドのdisplay設定を非表示にします。

次は、カスタムコードを使って、メンバーのポイント残高を表示し、非表示にされたクーポン入力用のインプットフィールドに適切なクーポンコードが自動的に入力されるようにします。

以下のような条件でコードをを決めていきます:

例えば、

ポイント残高が100より大きいけど、200未満ですと、100円のクーポンコードが入力されます。

ポイント残高が200より大きいのであれば、200円のクーポンコードが入力されます。

このようにたくさんの条件を付けられます。


そうなると、メンバーはポイントをある程度貯めて、割引券に使えるようになります。


これからのこと

この機能は面白いと思ったので、実際に作ってみたいと思います。アップデートをまたブログで共有します。

P.S. もし他のやり方を知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひTwitterでご連絡ください!

最近の記事

全ての記事

ワークショップ開催開始のお知らせ

アカデミーでは、ノーコードをマスターすることを目的にしたツール・利用シーン別のワークショップを開催することにしました。

ニュース

新記Note事公開!ノーコードで起業をサポート

Noteに新しい記事を投稿しました!ノーコードで起業をサポートするアカデミーのミッションについて説明しています。

ニュース

Webflowをやるなら、知っておくべきツール「Jetboost」の紹介

WebflowのCMSを強くパワーアップするJetboostで実装できる機能を紹介します。本格的なサイトを作りたいなら、このツールは必見!

豆知識

アイデアを形に!

今まで「自分には無理」だと思っていたことが、ノーコードで簡単に可能に!
手の届かなかったシステム開発が出来るようになるノーコードのスキルをオンラインで。
好きな時間、好きな場所で学んで、起業を目指そう!

学習センター